HOME  >  ニュース  >  ニュースリリース  >  大学生のコミュニケーションサービスとグループ活動に関する調査

大学生のコミュニケーションサービスとグループ活動に関する調査

2014-03-14

メーリングリストサービス「らくらく連絡網」(会員数630万人)を提供する株式会社
イオレ(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田直人、
以下イオレ)は、3月14日(金)に「らくらく連絡網」( http://www.ra9.jp/ )の
スマートフォンアプリ版(iOS / Android両OS対応)をリリースしました。
また、それに先立ち、イオレではサークルやゼミなど、グループ活動が多く、メーリング
リストサービスを利用する機会が多い大学生・大学院生の「コミュニケーションサービス
の使用とグループ活動」の実態を探るためにアンケート調査を行いました。
調査期間は、2014年2月28日(金)から3月7(金)まで。
インターネットにより、10~20代の*大学生を中心とした男女322名(男性:141人・
約44%、女性181人・約56%)から、有効回答が得られました。
*大学院生・専門学校生・短大生、一部高校生、30代含む

グループをとりまとめるツールは1位LINE、2位メール、3位らくらく連絡網

幹事経験のある人は、重要な内容を送る際に使うツールが、1位「メール」

  “グループ活動で重要だと思うこと”は、「リアルに交流する場が多いこと」が約5割

グループのリーダーになってもらいたい有名人、1位は櫻井翔、2位は中居正広

>>>ニュースリリース全文はこちら

 

~3月14日、会員数630万人のメーリス「らくらく連絡網」のスマホアプリが登場!~

========================================
-本リリース内容に関する報道機関からのお問い合わせ先-
株式会社イオレ メディア企画部 竹田・横山
東京都港区高輪3-5-23 SIA高輪台ビル 9F 〒108-0074
TEL:03-4455-7092 FAX:03-5793-3533 E-mail: press@eole.co.jp
========================================