HOME  >  導入事例  >  ソリューション事例  >  広告代理事業  >  独自ツールを活用したフィード運用で、Indeedの応募獲得単価を1/3に!

独自ツールを活用したフィード運用で、Indeedの応募獲得単価を1/3に!

  • 人材サービス・求人広告
  • 求人情報サイトへの集客

株式会社アルバイトタイムス

岩本様

実施メニュー
実施期間
2019年12月以降継続中

静岡を中心に複数の求人メディアを長年運営されているアルバイトタイムス様。

イオレでは、同社が運営する正社員の就職・転職求人情報サイト『JOB』において、求人検索エンジン広告(Indeed、スタンバイ、求人ボックス)の広告運用を1年以上継続してお手伝いさせていただいております。イオレが強みとする知見を活かし、応募数の最大化に成功した同社とのお取り組みについてご紹介いたします。

ポイント

  • フィード運用導入で応募数の最大化に貢献
  • 2ヶ月目で応募獲得単価を1/2に
  • 積極的に改善策を提案し、高速PDCAを展開

お客様の課題

応募数を最大化させたいが、その前に応募単価を改善しなければ……

サイトへの集客施策として、求人検索エンジン広告を中心にプロモーションを実施していた同社。代理店を介して広告運用を行っておりましたが、Indeedの費用対効果が芳しくなく広告予算を積極的に投下できる状態ではありませんでした。

代理店からは改善提案も少なく、なんとかして効果を改善できないかと悩んでいらっしゃいました。

提供したソリューション

フィード運用の導入・高速PDCAの展開で、広告効果を大きく改善!

応募数の最大化に向けて、応募獲得単価の良化を目的としたフィード運用の導入をご提案させていただきました。

フィード運用とは、求人情報が求人検索エンジンに最適な形式で掲載・更新されるようにデータを加工・送信する運用手法です。求人情報の変更・修正を即時※反映させる事が出来るため、効果改善施策の反映を迅速に行う事が可能です。フィード運用を行っていない場合には、求人検索エンジンは、定期的なサイトクローリングで求人情報を読み込んでいるため、サイト側の更新情報が反映されるまでにはタイムラグが生じてしまいます。

また、イオレでは、独自開発のフィード加工ツールを活用する事で、コンサルタントも兼任する広告運用者が直接データを調整しており、タイトル変更などの改善提案から施策反映のPDCAを高速に展開する事が可能となっております。

フィード運用の効果は顕著で、イオレにお任せいただいた2か月目には応募獲得単価が1/2に改善。以降も運用状況に応じて柔軟に改善策を提案させていただくことで安定した応募数の獲得に成功しております。

直近(2020年11月時点)では、応募獲得単価がお任せいただく以前の1/3まで改善し、お客様からは非常に満足しているとのお声も頂戴しました。

※読み込み時間が固定されている場合を除き、送信後2時間以内に反映される傾向にあります。

グラフ:応募獲得単価の改善推移
応募獲得単価の改善推移

お客様の反応

積極的に改善案の提案・運用をしていただき、大変助かっています!

岩本様:広告運用をお任せして1年が経過しましたが、その広告効果や改善具合に大変満足しています!

効果改善はもちろんのこと、お任せできる範囲が広いことも嬉しいポイントです。
ただ運用するだけではなく、弊社からお声がけせずとも運用に際してのPDCAをご提案いただいています。そのため手離れがよく、弊社から指示をする必要がないので非常に助かっています。

また、複数媒体での広告運用をお任せしていますが、各媒体に対して最適な予算配分を考え、実行していただいている部分も大変ありがたいですね。

企業情報

企業名 株式会社アルバイトタイムス
設立 1973年10月
従業員規模 連結:196名 単体:144名
(正社員のみ 契約社員・アルバイト・パートを除く)
※2020年8月末時点
事業内容 無料求人情報誌『DOMO(ドーモ)』の編集・発行
求人情報サイト『JOB(ジョブ)』『DOMO NET(ドーモネット)』の運営
採用管理システム(ATS)ワガシャdeDOMOの運営 など
公式サイト https://www.atimes.co.jp/